×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

Homeopathy-info.は、ハーネマンカレッジ自宅学習用教材を中心に、クオリティの高いホメオパシー学習教材を提供するサイトです。

講座案内

ホメオパシー単発講座 A B C 3つのコース開講

【ホメオパシー講座コースA】 <ホメオパシー概論>プレホメオパス(1回講座/DVD1枚つき)
(37か月コースで入学されている方は参加費無料で全ての講座に何度でも参加できます)
講義は「鳥」のプルービングと執筆で有名なジョンサン・ショア(ドクターホメオパス)の「ホメオパシー概論」を軸に進めます。

●講習会対象者:
「通信講座を始めてみたいけど、どんな学習になるのか不安だなぁ」
「他の学校でホメオパシーをやったけど、全然ぴんとこないし基本が分からなかった」
「かなり前にホメオパシーをかじったけど、もうちょっとだけ深く聞いてみたい」
とおっしゃる方にお勧めです。

*2017年2月22日に海外よりこのコースについてのお問い合わせをいただきましたが、返信用アドレスがなかったためホームページに回答を掲載させていただきます。
コースAの開催は「依頼があり次第」ですが、3月8日午後1時(日本時間)で予定します。なお海外へのDVD発送にはお時間がかかるためお早めにこちらにコンタクトいただけると幸いです。また基本的に北米はハーネマンカレッジのDVDコース(字幕なし)をネットで購入できるエリアですのでそちらもご検討くださるようお願いいたします。

●学習内容:
・ホメオパシーとはどういう療法か(他の療法との違い)
・ホメオパシーで注意すべきことは何か
・治癒とは何か
・ホメオパシーを学習するには何が必要か
・反復投与について
・ポテンシーの見極めかた
・質疑応答

などを学びます。

●開催日:参加申込みがあった時点で随時開催

●場所:スカイプ利用のためネット環境が必要です

●費用:8千円(DVD費用込) → DVD不要の場合は、ホメオパシー学習会Bコース(下記)をご検討下さい。
    *講義申し込み時にお振込み下さい。
     振り込みが確認できましたらジョナサンショアのホメオパシ―講義・
     日本語字幕付きDVDを発送しますので、講義開催日までに1度ご視聴下さい。
     その後通信に進まれる方は通信費用から8千円を差し引かせていただきます。

●時間:おおむね2時間の予定

●ナビゲーター:井手協子(ハーネマンカレッジDVD字幕責任者)

●お申し込み方法/学習会までの流れ
①当サイト 申し込みページよりご連絡下さい。こちらをクリック→クリック
②ホメオパシー国際交流協会よりメールにてご連絡させていただきます。
いくつか確認させていただいた後、DVD費用・学習会費用8千円の振り込みをお願いい たします。
③DVDを発送いたしますので、学習会前に2~3回視聴下さい。
 ↓
講習会開催

【ホメオパシー講座コースB】 <ホメオパシーって??>1.5時間スカイプ/千円

●講習会対象者:
ホメオパスになろうとまでは考えていないけど、自然療法にふれてみたいと考えていらっしゃる方にお勧めです。
発達障害が気になるけれど、どうにかしたい!と日々悩んでいらっしゃるご両親、
子どもの体のことを考えると自然療法を利用したいと思うけど、どうしたら良いのかしら?と思案中のお母様、
こちらのコースで新しい自然との関わり方を一緒に考えてみませんか?

●学習内容
・ホメオパシーとはどういう療法か(他の療法との違い)
・ホメオパシーで注意すべきことは何か
・子どもによく使うレメディ(5つ)
・質疑応答

●開催日:参加申込みがあり次第、日程調整の上随時開催

●場所:スカイプ利用のためネット環境が必要です

●費用:千円 → ホメオパスになる事をお考えの方は、ホメオパシー学習会Aコースをご検討下さい。
    *講義申し込み時にお振込み下さい。

●時間:おおむね1.5時間の予定

●ナビゲーター:井手協子(ハーネマンカレッジDVD字幕責任者)

●お申し込み方法/学習会までの流れ
①当サイト 申し込みページよりご連絡下さい。こちらをクリック→クリック
②ホメオパシー国際交流協会よりメールにてご連絡
③お申込者様よりの振り込み確認
 ↓
講習会開催

【ホメオパシー講座コースC】 <ホメオパシーを使う利点>1時間スカイプ 500円
●講習会対象者
なぜホメオパシーが良いの??
本当にホメオパシーって良いの?
ホメオパシーの原理原則なんて知らなくても良いけど、ただ、なんでホメオパシーが良いのか知りたい!という方のためのお手軽コースです。

ホメオパシー国際交流協会でオススメしているウクライナのホメオパス・ヴィクトル先生の診察を受けようかなぁと迷っているけれど、そもそもホメオパシーで診てもらう利点って何だろう?と思われる方にも最適です。

こんな症状があるけれどホメオパシーで大丈夫なの??
ホメオパシーが不得意な事って何?
ホメオパシーで全ての症状が改善するの?
治癒までにどのぐらいの時間がかかるの?
ヴィソルカスが育てた多くの優秀なホメオパス・・・ ロジャー・モリソン医師やヴィクトル医師は日本のホメオパスと何が違うの?
などなど、ホメオパシーを学ぶ気はないけれど、ホメオパシー診察は受けてみたいと考えている方向けの準備学習会です。

●開催日:参加申込みがあり次第、日程調整の上随時開催

●場所:スカイプ利用のためネット環境が必要です

●費用:500円 → ホメオパスになる事をお考えの方は、ホメオパシー学習会Aコースをご検討下さい。
    *講義申し込み時にお振込み下さい。

●時間:おおむね1時間の予定

●ナビゲーター:井手協子(ハーネマンカレッジDVD字幕)

●お申し込み方法/学習会までの流れ
①当サイト 申し込みページよりご連絡下さい。こちらをクリック→クリック
②ホメオパシー国際交流協会よりメールにてご連絡
③お申込者様よりの振り込み確認
 ↓
講習会開催



ホメオパシー通信講座(目安:37か月)


■通信部門はホメオパシーを真剣に学ぶ方への特別バックアップ部門で、非営利的に活動しています。よってDVDのみを購入された方との価格の差がありません。

■総費用:18万5千円 
*コース開始時点では最初に学ぶDVD11枚分代金 55,000円のみお振込み下さい

*総費用に含まれるもの:
ハーネマンカレッジの日本語字幕教材37枚DVDフルセット代金(送料込み)
②各講義に対する課題と課題への添削代金(講義に関し不明な点は課題内容以外にも質問可能)(課題の提出・添削は基本的にネットを利用させていただきます)
③月1回のスカイプ学習会参加代金(毎月第2水曜日午前10時から2時間)

*基本的に追加料金は発生いたしません
*37か月は目安期間であり、これより速くなっても遅くなっても金額が変動する事もありません。

入学者要件
本気でホメオパシーを学んでいただける人材を発掘するための社会投資事業の一環として、非営利事業として行うものですので、きちんとホメオパシーを学んでいただける方のみ通信生として受け入れさせていただきます。受け入れ可能かどうか判断するために事前にスカイプにて面接を行います。
面接の結果、通信生としてではなく、DVDのみを販売させていただく事になることもありますので、ご了承ください。

■コース概要:当協会が字幕監修をつとめるハーネマンカレッジのDVDを使いますので「教材一覧」ページをご参照ください。学習レメディに関しても「教材一覧」よりマテリアメディカDVDの説明をご参照ください。Q&Aもご参照ください。→クリック

■学習方法:DVDごとに課題を提出いただきます。課題への質問やDVD内容についての質問は随時メール、お電話、Skypeでご連絡ください。

■学習会:毎月第2水曜日午前10時~12時(2時間)一斉学習会を行います

■コース進度
*Ⅰ期~Ⅲ期までで構成
*各コースの学習内容はホメオパシー国際交流協会福岡のページもご参照ください。→クリック
Ⅰ期
Theory(理論)Vol.1マテリアメディカVol.1(1) マテリアメディカVol.1(2)(合計17枚)を同時に学習
学習目安期間:17か月

Ⅱ期
Theory(理論)Vol.2マテリアメディカVol.2(1) マテリアメディカVol.2(2)(合計17枚)を同時に学習
学習目安期間:17か月

Ⅲ期
急性症状(5枚)を集中的に学習
学習目安期間:5か月~10か月

■学習会主催者:井手協子/ハーネマンカレッジ字幕(37枚)総括責任者

■お支払方法
口座振り込みで、講座申し込み時には理論vol.1(6枚)とマテリアメディカvol.1(5枚)の費用55,000円のみ(5千円×DVD11枚分代金)をお振込み下さい。

学習が進み次第 
理論Vol.2(6枚)(30,000円),マテリアメディカVol.1(2)(5枚)(25,000円), マテリアメディカVol.2(1)(5枚)(25,000円), マテリアメディカVol.2(2)(5枚)(25,000円)
へと進み、最終的には
急性症状(5枚)(25,000円)
で急性症状への対応を集中的に学びますので、教材の進度に合わせ徐々にDVDをご購入いただきます。

主催者コメント:安いから質が悪いのではないか?と思われるかもしれませんが、当交流会が目指すところは「ホメオパシーで儲ける」ではなく、「本当のクラシカルホメオパシー処方が出来る人の養成」です。
DVDで講義を行っているジュリアン・ウィンストンはニュージーランドでのホメオパシーを普及にあたり2千冊のホメオパシー書籍と4千種のレメディをまず持ち込んだとの事ですが、本当に基礎を最初に導入するために人材を発掘し、養成するために必要な事は「高額な教育機会の提供」ではありません。当協会のDVD講座は、私が在籍していた2つのクラシカルホメオパシースクールよりも何倍も高度であり、けれども基礎と呼ぶにはコレしかありえないという内容となっています。
この通信教材を主催したハーネマンカレッジの講師陣は、世界各地で使われているマテリアメディカの執筆者であったり、現在多くのクライアントが助けられている新しいレメディのプルービング指揮者だったりするなど、確実な土台の上に、新しい見識を打ち立てながら、それを論文や書籍として発表をしています。
この通信教育が日本の他のスクールに比べて安いのは、この教材にきちんと取り組んでいただける人材をより多くの人から発掘したいし、家庭でのホメオパシー使用にあたっては「主婦」は、その大きな人材候補の筆頭に来るべきだと考えているからです。人材発掘の第一選定条件を「経済力」にしていては、いつまでたっても「本気でホメオパシーを学びたい」という人材に出合えません。
本当に学びたい人、そのような人に各種マテリアメディカの無償翻訳を読んでいただきたいし、そのような人にロジャー・モリソンやジョナサン・ショアの講義を聞いていただきたいと思います。

■卒業後の資格
日本では資格に関する「基準」が不明瞭なため、海外と同じような認定制度は、日本のクライアントの立場を守る事につながりません。ですが、この教材に関しては厳しいアメリカ基準で制作されたものですので、全ての課題をクリアされた場合は完全に理解いただいたものと理解し、当プロジェクトの認定証書及び 各地でこのDVDを使用した講座を受託させていただきます。そのためにも課題のチェックは厳しくさせていただきます。
ホメオパスとは簡単な仕事ではありません。漫然と「その場にいる」事で得られるような資格にしてはならない事はご了承ください。

■申し込み方法:【お問い合わせ】ページからお申し込みください。こちらをクリック→クリック

■現在ホメオパシー通信講座を主催しているホメオパシー国際交流協会福岡のホームページもご参照ください。こちらをクリック→クリック


*****
●バンコク・シンガポールでの各種講座及びセッションの案内は アルーナ・暁子ホームページへ→
クリック