×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

ハーネマンカレッジ自宅学習用教材を中心に、クオリティの高いホメオパシー自宅学習教材を提供するサイトです。

(Sep.)Sepia

William Boericke ベリケのマテリアメディカ

(イカCuttlefishの真っ黒な液体)
特に静脈性うっ血を伴う門脈系に作用する。停滞とそれによる内臓の下垂症、疲労、苦痛。
衰弱、黄ばんだ外観、下にさがるような感じが特に女性にあり、その体の組織が著しく影響を受ける。痛みが下から背中へ広がる。冷えやすい。流産の傾向。閉 経期の衰弱と発汗を伴うホットフラッシュ。症状は上へ向かう傾向。気絶しやすい。内部に「ボール」のような感覚。Sepiaはブルネットの人に最もうまく 作用する。(ブルネット:白人種のうちで黒みがかった髪で、しばしば肌も色黒で目も黒、または褐色) 全ての痛みは下方から上昇。子宮の最も重要なレメ ディの1つ。慢性的肝臓の問題を抱える結核患者。温かい部屋でも寒く感じる。小脳に拍動的な頭痛。

●精神 Mind
最愛の人に無関心。仕事、家族の事を嫌悪。イライラする;怒りやすい。一人を恐れる。非常に悲しい。症状を話す時泣く。欲深い(けち)。夕方に向かって心配;怠惰。

●頭部 Head
頭の中を何かが回っている感じを伴う目まい。卒中の前駆症状。内から外、または上へ刺すような痛みで、それはほとんど左、あるいは額にあり、吐き気を伴 い、屋内で悪化、痛みのある側を下に横たわると悪化する。頭部前方、頭部後方の突然の痙攣的動き。頭頂の冷たさ。月経量の少なさで、血液を出そうと努力し た時のひどいショックで頭痛。脱毛。頭蓋泉門の開口。毛根が敏感。額の生え際のにきび。

●鼻 Nose
どろっとした、緑色の分泌物; ひどい鼻づまりと痂皮。黄色みがかったものが、鼻の上を鞍のように横断する。鼻の前側からの緑色の痂皮を伴う萎縮性のカタ ルと、鼻の付け根の痛み。慢性的鼻感冒は特に後鼻腔にあり、濃厚で、かたまりを伴う分泌物がある;口から咳払いして出さなければならない。

●目 Eyes
筋肉的眼精疲労;視界に黒点がある;力が抜けたような炎症、子宮の問題と関係している。目の問題は朝と夕方悪化。瞼板腫瘍。眼瞼下垂、毛様体刺激。眼底の静脈うっ血。

●耳 Ears
うなじの耳の後ろのヘルペス。皮膚の潰瘍― まるで下からのような痛み。外耳の腫れと発疹。

●顔 Face
黄色い斑(しみ);青白いか、血色が悪い;口のあたりが黄色い。しゅさ鼻;鞍― 鼻と頬に茶色がかかったような鞍。

●口 Mouth
白い舌。塩っぽい、腐敗した味。汚れた舌だが、月経期間中はきれい。下唇の腫れとひび。午後6時から深夜までの歯の痛み;横たわると悪化する。

●胃 Stomach
空腹で気が遠くなりそうな感じだが、食べても緩和されない。(CARB. AN.) わずかな食べ物、わずかな食べ物の匂いで吐き気。右側、あるいは左側を下にして寝ると悪化する吐き気。喫煙性消化不良。全て塩辛すぎる感じ。(CARBO VEG.; CHIN.) 4インチほどの痛いバンドにぐるっと囲まれているような心気症。朝、食事前の吐き気。酢、酸っぱい物、ピクルスを求める。牛乳の後、悪化す るが、特に沸かした牛乳の後悪化。膨れた腹と、すっぱいげっぷを伴う多酸性消化不良。脂肪をひどく嫌う。

●腹部 Abdomen
頭痛を伴う鼓腸。肝臓がひりひりし、痛む;右側を下にして横たわると緩和される。腹部に多くの褐色の斑点。腹部の弛緩した感じと、下に押し下げられる感じ。

●腸 Rectum
便の出血、腸がいっぱいな感じ。便秘;大きく、固い便;腸にボールがある感じ;ひどいしぶりばらと、上方へ走るような痛みを伴い、力む事ができない。粘液 と一緒になり離れない濃い茶色の、丸いボール。柔らかい便で、出にくい。肛門脱。(POD.) ほぼいつもある肛門からの毛細血管性出血。乳児下痢症、沸 かした牛乳で悪化し、素早く消耗する。腸と膣の、上へ走る痛み。

●尿 Urinary
尿に、赤い、粘着性の、沈殿物。寝入りばなの間、不随意に尿。恥骨の上に、引きずりおろされるような感覚を伴う、慢性的膀胱炎、ゆっくりした排尿。

●男性 Male
性器が冷たい。悪臭のある汗。慢性尿道炎、尿道から夜間だけ分泌、無痛。陰茎の頭部を囲むコンジローマ。性交から症状。

●女性 Female
骨盤内臓器の弛緩。膣からあらゆるものが逃げてしまうような、押し下げられる感じ。(BELL.; KREOSO; LAC C; LIL. T.; NAT. C; POD.);出て行かないよう、足を組んでいなければならないか、膣を押さえなければならない。痒みを伴う黄色い帯下、緑がかった帯下。月経は、非常に遅 く、少量、不規則; 早く夥しい; 鋭く、わしづかみされるような痛み。膣の激しい縫うような上方向への痛みが、子宮からヘソへ。子宮と膣の脱出症。つわ り。膣の痛み、特に性交での膣の痛み。

●呼吸器Respiratory
乾いた疲労させる咳で、一見胃から来るように見える。腐った卵の味のする咳。朝と夕方、胸部に重苦しい感じ(圧迫)。
呼吸困難;寝た後悪化、早い動きで好転。非常に多くの痰を伴う朝の咳で、痰は塩っぽい味がする。(PHOS.; AMBR.)  下位性胸膜炎(沈下性胸膜炎)。長引く百日咳。口頭や胸部のくすぐり感で励起される咳。

●心臓Heart
激しい、断続的動悸。動脈全てでの鼓動。ほてりを伴う震える感じ。

●背中 Back
腰のくびれた部分の虚弱。背中へ広がる痛み。肩の間の冷たさ。
●手足 Extremities
不自由で強ばっている下肢、短すぎるかのような緊張。重さと打撲したような感じ。四肢全てが落ち着かず、昼も夜も、ピクっとしたり、ぐいっとつる感じ。かかとの痛み。下肢、足首から下の冷たさ。
●熱 Fever
頻繁に熱が突然出る;少しの動きで汗。 一般的に身体の温かさがない。足先は冷たく湿っている。喉の渇きで身震い;夕方に向かって悪化。

●皮膚 Skin
離れた部分の環状ヘルペス。ひっかいても緩和されない痒み;肘や膝を曲げると悪化。肝斑(しみ);口や鼻のあたり、あるいは唇のヘルペス性発疹。毎年春、 白癬のような発疹。戸外へ行ってすぐの蕁麻疹;温かい部屋で好転。多汗、臭汗症。足先の汗、つま先はひどい;耐えがたい匂い。若い女性の黒あざ。皮膚に悪 臭を伴う魚鱗癬。

●悪化好転要因 Modalities
悪化:午前中と夕方;洗う事、洗濯の仕事、湿り気、左側、汗の後; 冷たい空気、嵐の前。
好転:運動によって、圧迫、ベッドの温かさ、熱いもの、足を引き上げる、冷水浴、睡眠後。
相補的レメディ: NAT. MUR.; PHOSPH. NUX
作用を強める:. GUAIACUMはSepiaの後しばしば効果がある。
反目するレメディ:LACH.; PULS
比較レメディ:LIL.; MUREX; SILICA; SULPH.; ASPERULA(症状の帯下と子宮のカタル)、OZONUM(仙骨の痛み;疲労した感じが骨盤臓器と会陰にある);DICTAMNUS(錦木)(出産の 痛みをやわらげる);(不正子宮出血、帯下、便秘、夢遊病)。LAPATHUM.(収縮を伴う帯下、子宮の娩出性運動と、腎臓の痛み)

●ドース
12c、30c、200c。低すぎるポテンシーは使うべきではないし、頻繁に繰り返し過ぎるべきではない。一方、1日2回、強いドーズを続けるべき時もあるというJoussetの実験もある。



********
誤訳がありましたらお知らせ下さい。


shop info店舗情報

Homeopathy-info.Japan

ホメオパシー教材日本語化プロジェクトにご協力いただける方を募っています。よろしくお願いします。