×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

ハーネマンカレッジ自宅学習用教材を中心に、クオリティの高いホメオパシー自宅学習教材を提供するサイトです。

(Coff.)COFFEA CRUDA

E.B.Nash ナッシュマテリアメディカ

COFFEA CRUDA(coff)
(焙焼していないコーヒーの実)
全ての感覚が、より鋭い;細かい活字も楽に読む;嗅覚、味覚、触角が鋭い;普通ではない精神と体の活動性(活発);アイデアにあふれ、行動が早く、このために眠らない。

突然の驚きからの疾患、特に喜ばしい驚き;非常に感情的な

我慢できない痛み、失望へと至らせる痛み;苦しみで苛立ち、暴れ、転げ回る;ひどい不眠

過度の精神的な疲労から頭痛、思考から頭痛、会話から頭痛;片側の頭痛、脳に釘が打ち込まれるような頭痛(Ign.Nux.);まるで脳が粉々に砕けるような頭痛; 外気で悪化する頭痛

突然の痙攣的な歯痛;口に氷水を含むと緩和;水が温まると痛みが戻る

# # # #

ChammillaのようなCoffea Crudaは、神経系に強く作用する。実際に神経系に問題があり、コーヒーの常用癖がなかった患者には、Coffeaは優先される。一方、コーヒー愛好家なら、Chamomillaがレメディとなる。パリのTeste医師は、フランスの神経痛において、コーヒーは大きな割合でその原因となっていると言っていた。Coffeaの患者は、とても一般的に感覚が高揚している。ヘリングの記録を見よ。
「全ての感覚がより鋭く、細かい活字も楽に読み、臭覚・味覚・触覚も鋭く、特にわずかな受動的な動きへの感覚がより高まっている。」「心身の異常な活動性」「アイデアにあふれ、素早く動き、このため眠らない」「生き生きとした空想、あふれる将来へのプラン」

これらの言葉はナーバス(神経質・興奮した)な状態には、Coffeaが必要だと言う事を明らかに描写する。

Chamomillaを考えさせるが、そこにChamomillaのマインドがない時。
一方、Aconiteを考えさせるが、死の恐怖がない時。
ヘリングは、Aconiteの症状の発熱と、Coffeaの神経的な敏感さもある時、痛みのある炎症性疾患にAconiteとCoffeaを交互に使うように薦めていた。私は2つレメディの交互使用は良い事はないと知っている。私はそれぞれの個別化を詳しく学んだからだ。
Coffeaは特に、突然の驚き、特に喜ばしい驚きのような精神的ショック、過度な笑いと祈り、愛情への失望、騒音、強い匂いなどに適用となる
また変わりやすい気分にも適用となる;まず泣き、そして笑う、また泣く

Coffeaは痛みのレメディとして、Chamomilla、Aconiteと張りあう。
「耐えられない痛み、失望へと駆り立てる」「苦しみで苛立ち、暴れ、転げ回る」
ここでもまた、コーヒーを常用している人にはCoffeaを投与せず、Chamomillaをむしろ投与する。

これらの痛みは、主に頭部に起こるという特別な局在性がある。頭部の痛みは概して片側で、痛みは
「脳に釘が打ち込まれるような」
感覚。Ignatiaは類似した頭痛があり、概してヒステリー的な人に起こる。だからこのような時、これら2つのレメディから選ばれるべきだろう。

しばしば虫歯に起因する顔面痛で、Coffeaには非常に特殊な歯痛がある。実際、歯痛は冷たい水を口に含めば楽になる
Chamomillaの歯痛は、温かい物を口に含むと起きるが、Coffeaのように冷たいものを口に含んでも緩和がない事を思い出すようにせよ。

激しく痛みのある疝痛を伴う月経困難。もし、大きな黒い塊があり、Coffeaで緩和しなければ、Chamomillaでフォローする。流産の恐れのある痛み、あるいは後陣痛、またはひどい耐え難い陣痛がしばしばCoffeaで緩和される。つまり、あらゆる場所の耐え難いような痛みにとって、また、導くような症状が特にない時、Coffeaが思い出されるべきである。

Coffeaに非常に特徴的な過度の興奮性は、非常な不眠をもたらし、Coffeaは睡眠のレメディとして非常な信頼を勝ち取っている。私の経験と観察では、この場合は200cが最もよく作用する。またコーヒーを大量にとった多くの人がひどい不眠を引き起こす事は、最も素晴らしく類似の法則が真実であると検証してくれている。はしか(麻疹)(非常に一般的に発生)の後の咳と不眠は、Coffeaによって素晴らしく緩和される。Coffeaは昏睡ではなく睡眠のレメディで、Opiumの昏睡のような患者に害を与えたり吐き気を催させたりしない。
********
誤訳がありましたらお知らせ下さい。

shop info店舗情報

Homeopathy-info.Japan

ホメオパシー教材日本語化プロジェクトにご協力いただける方を募っています。よろしくお願いします。