×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

ハーネマンカレッジ自宅学習用教材を中心に、クオリティの高いホメオパシー自宅学習教材を現地価格で提供するサイトです。

Lac-c.LAC CANINUM

James Tyler Kent ケントのマテリアメディカ

LAC CANINUM(lac-c)/ 犬のミルク

このレメディ(Lac-c.)はDr. Reisigにより始められ、その後、Bayardにより使われた。Bayardの死後、Dr. Dyer はReisigが作った活性化された30cのポテンシーを私にくれた。Reisigの頃より、そのポテンシーがほとんど作られてきた。

全てのミルクはポテンタイズされるべきである。それらは最高に素晴らしいレメディである。ミルクは動物が作り出したものであり、動物の人生の初期の食糧である。それゆえ、我々の最も深い身体的な性質に符合する。もし、我々が、猿のミルク、牛のミルク、仲間(mate)のミルク、人間のミルクと、ミルクをすっかりプルービングしたら、非常に価値あるものとなるだろう。Lac Defloratumは優秀な作用をなし、このレメディが存在する。Lac caninumは、まだ始まりではあるが、驚くべき治癒をいくつかなしてきた。その多くの症状は、疑わしいものもあり、確認するために1世紀かかるだろう。ミルクは子供達だけの食糧なので、薬ではないと考える人もいるだろうが、ミルクから病気になっている人にポテンタイズされたものをとらせ、結果を報告させてみれば良い。ミルクを好きではないプルーバーはポテンタイズされたものをとると、数日で病気になるし、症状は非常に様々である。


このLac-c.のレメディは多くの症状がある。しかし、組織変化がある事も疑いない。Lac-c.は深く長く作用する; プルーバーは、プルービングが行われた後、その症状を何年も感じた。精神的症状は長く続き、苦悩を与えるものである。Lac-c.は肥大した腺を治癒してきた。Lac-c.は潰瘍を非常に赤くし、またそのような潰瘍を治癒してきた。潰瘍化した部分は、まるで上皮で覆われているように、乾燥し、ぴかぴかした外観である。ジフテリアのひどい治療に続く症状、麻痺、ジフテリアにさかのぼった他の状態に重要なレメディである。非常に多くの症状が、神経系に属する。神経過敏な状態は、皮膚と全ての部分の全身感覚過敏へと至る。Lac-c.は女性を激しくヒステリーにし、奇妙で明らかにあり得ないあらゆる症状を起こす。例えば、女性は、指を外転させ、ベッドに数日間横たわり、指同士がふれると、狂乱する。指は強い圧迫から悪化するのではなく、ふれると叫び声をあげるのだ。この状態は、治癒が難しく、Lac-c.とLachesisは外側に似たような状態を作り出す。腹部が敏感なので、シーツが皮膚にふれる事は許されない。これはLac-c.とLach.両方に属する状態である。

他の奇妙な状態として、特有な目まいがある。歩いている時、空中に浮かんでいるように感じたり、横たわっている時、まるでベッドの上にいないように感じる。浮かんでいるような感覚、ベッドに触れていないような感覚、沈んでいるような感覚は、Lach.にある。歩いている時グライダーで飛んでいるような感覚は、Asarum Europeumに強く属する。

疾患は、種類や質にほとんど関わらず、疾患のある「側」が変わる。リウマチは初め一方の足首にあり、次に反対側へ移り、また元の側に戻る。膝、腰、肩にリウマチがあれば、症状のある側が交互する。頭痛と神経痛も同様である。動き回る丹毒は、初め一方に起こり、次にもう一方に起こる。卵巣の炎症と神経痛においても、同様の交互性が見られる。喉の痛みは、喉や扁桃腺の両側を交互に冒す。この類の多くのケースが、Lac-c.のレメディで治癒されている。右に始まった問題が左へ移り、Lycopodium(Lyc.)が失敗し、問題が右へ戻った時、交互性が認められ、レメディLac-c.が明らかになる。限られたいくつかのレメディだけが、両側を交互するという交互性を持つ。

1人、または2人のプルーバーは、多くの症状を表したので、全てが信頼できるものではない; しかし、このLac-c.のレメディは想像力と感覚を非常に強めるので、症状を想像させやすくするし、またその事自体が示唆に富んでいる。想像的な考え悩み、苦しい考えに満ちている。精神的側面として、迷うという特徴がある。状態の遊走性と交互性。考えをまとめられない。始められるとすぐに、全てやめたいとと思う。優柔不断の状態は、非常に多くのレメディに共通である。Lac-c.は、自分が言った事全て、自分が言ったと思う事は全て嘘だという考えを認識している。まるでそこには全く現実が存在しないかのようである。ここにおいて、Lac-c.はどこかAluminaに類似している。Aluminaにおいて、患者は誰か他の人と、自分ではない人が、全てを話しをしているように感じ、現実的なものへの意識が欠如している。

症状が現れるたび、Lac-c.は、その症状が根深い病気だと考える; 何か恐ろしい病気が自分の身の上に起こる事への恐怖と不安、自分が化膿していて、忌わしい状態にあるという妄想; ヘビに荒らされる。恐ろしい光景が心に現れるが、それは常にヘビではない。Lac-c.は対象物が形をなし、自分の目の前に現れる事を恐れる。これはLach.と類似である。Lach.は、大気はさまよっている霊魂で満たさているのに、自分は決して見えないという感覚がある。

他の誰かの鼻をつけていると想像する。自分が自分自身ではない、自分の所有物は自分自身のものではないと想像する。蜘蛛、ヘビ、害虫が見えるという想像。Lac-c.は孤独に耐えられない。Lach.において、患者は、奇妙な空想にふけるために一人になりがたる。そして、一人の時、自分が窓の外に浮かんでいるような感覚や、草に覆われた平原の上に浮かんでいるような感覚があるが、音が元の世界へ引き戻す。これは狂気やせん妄の境界点である。

Lac-c.はこれら全ての奇妙な感覚があるが、自分の仕事・用事で1日中動き回り、自分で告白しない限り、誰もこのLac-c.の奇妙な感覚を知らない。長期にわたる悲しみ、全てがとても陰鬱; 怒りっぽい、やっかい、いまいましい。めまいが非常に多いが、めまいは異常に精密化された感覚上の症状である; 尋常な左右揺れや上下の揺れ、物が回っているような感覚ではない。全身に影響し、まるで泳いでいるような、あるいは霊魂のように空中に浮かんでいるような感じがする。

頭痛は暴力的で、ほとんどが額の痛みであるが、後頭部にも頭痛がある。冷たい風の動きから目の上の頭痛があり、温かい部屋で好転する。額と後頭の頭痛は両方とも、眼球を上方へ向ける事、細かい仕事で目を使う事で悪化する。1日中続く頭の痛みは、最初、片側にあり、次に反対側へ移る。どちらの側か一方が最初に痛む。顔、または目の痛みは両側を交互し、全く耐えられず、外気の中へ行くと好転する。リウマチの症状は冷たさと、冷たいもので好転し、これはPuls.とLedumとともに分類される。いくつかの頭痛は、温かさで緩和されると認められている。

敏感さは顕著である; 光と音への敏感さ。読んでいる時、そのページがはっきりしない。暗闇で、目の前に顔が見える。老人で、困ったような、ゆがんだ、不愉快な顔が視野、あるいは想像に現れる。暗く、ひどく恐ろしい顔が現れるのが見え、そのために苦悩する。これは本当は視覚・視力の症状ではなく、脳の状態の症状である。

音が遠くに聞こえる。ジフテリアを伴う喉の麻痺; 飲酒をすると鼻に流動物が戻ってくる。ヒリヒリ痛む喉とくしゃみを伴う慢性鼻感冒(コリーザ)。鼻づまり; 濃い、白い粘液の分泌。顔面神経痛; 痛みは疲労で悪化し、温かい物で好転する。しかし、冷たいものをあてる事によってのみ、ヒリヒリする痛みを緩和する。

口の悪臭(腐敗したような)は強い特徴である。粘膜と歯は、うっすら、光る、銀白色の物質で覆われ、どこかミルクのようである。喉に、フェルト(毛せん)のような浸出物、淡い灰色か銀白色の光る付着物がある。Lac-c.は両側に交互するケースでのジフテリアで使われてきたし、ジフテリアに続く麻痺も治癒してきた。喉の痛みは左耳の方へ押される感じ。痛みは両側を交互する。喉は冷たいか、温かい飲み物で好転し、空嚥下で悪化する。Lac-c.は、Kali-bich.のように、特につやがあり、光っていて、赤い外観の喉において示唆される。ジフテリアの膜もまた、銀色のような白である。Lac-c.は、最初は右扁桃腺の一部分、次に左扁桃腺へと移るような、交互性があるほとんどのケースを治癒する。偽膜性喉頭炎。粘膜があればいつも、舌に積もっていくような、灰色で、うっすら覆う浸出物があるだろう。私はかつて、Lac-c.で、炎症や潰瘍がないが、口腔全体に白い浸出物がある慢性的な疾患を治癒したことがある。口腔のあちこちに潜っていくような、舌の下まで広がる浸潤。口腔は白い銀白色で、口いっぱいの石炭酸が飲み込まれたように見え、口が非常に敏感なので、患者はミルク以外は飲み込む事ができない。

腹部に苦痛が満ちている。骨盤に圧迫痛; 左鼠径部に鋭い痛み。継続的に排尿に駆り立てられる。過敏性膀胱(神経性膀胱障害)

女性生殖器は一群の症状を表す。右卵巣部のひどい痛みは、鮮血の出血で好転するが、これはまたどこかLach.のようである。これらの痛みは両側のうちのいずれかを交互する。Zinc.も出血による好転する卵巣の痛みがある; Lac-c.は月経期以外は決して具合が良いと感じない; いつもヒステリー性(病的興奮状態)だが、月経期は良い、これはZinc.。膜を形成する月経困難はLac-c.の滲出性傾向の別の一例である。ヒリヒリする喉の痛みは月経期に始まり、月経期に終わるあ。Mag-carb.は月経期の前に喉のヒリヒリする痛みがあり、Calc-c.は月経期に喉の痛みが治癒する。


膣からガスが漏れる。Sars.だけに見られる排尿では、膀胱内の粘液の発酵と他の物が、ガスの漏れを起こす; 尿が大きな音とともに流れる。子供にとって、排尿の時の放屁は珍しくなく、尿はゴボホボという音とともに出る; これはSars.で治癒される。


乳房にひどい問題; 化膿したように感じる。母親が自分の稚児を失い、母乳を乾燥させる必要がある時、他の症状がなければLac-c.とPuls.はその目的のためのベストなレメディである。Lac-c.とPuls.は母乳を速やかに乾燥させる。Lac-c.の患者は、痛みと環境に対して想像的で敏感で、感覚過敏、短気さがある。Puls.は根本体質がPuls.において必要とされるだろう。


下肢の腫れを伴うリウマチ、特に足に交互に作用する; 動きと熱で悪化、冷たさで好転。叩かれたような足の痛み。関節のリウマチ性の腫れ。


********
誤訳がありましたらお知らせ下さい。

shop info店舗情報

Homeopathy-info.Japan

ホメオパシー教材日本語化プロジェクトにご協力いただける方を募っています。よろしくお願いします。