本文へスキップ

ハーネマンカレッジ自宅学習用教材を中心に、クオリティの高いホメオパシー自宅学習教材を現地価格で提供するサイトです。

アブロタナムAbrotanum(abrot.)

James Tyler Kent ケントのマテリアメディカ

この非常に価値のあるレメディは、よりもっと頻繁に使われるべきである。
BryoniaとRhus toxで治癒されるような状態に示唆されるが、Abrotanum独自のケースが その症状を特徴づける。
心臓の痛みを伴う、リウマチの状態:鼻血;血尿;下痢の病歴がある時、不安とふるえ。
突然抑制された下痢の後、上記の症状が続く、その場合、Abrot.が必要とされる。あらゆる関節のリウマチの抑制に続き、激しい心臓症状。;Ledum、Aurum、Kalmiaに非常に似ている。

子供の消耗症(衰弱)において、非常に役立つレメディであり、頻繁に示唆される。やつれは下肢から始まり、徐々に上方へ広がるので、顔は最後に影響を受ける;これはLycopodium、Natrum mur.とPsorinumの反対である。

Bryoniaの後、それが失敗したような時の肋膜炎を治癒する。呼吸困難、不安、冷たい汗(冷や汗)、心臓の痛みのある、ベッドに横たわる女性が、彼女の死を見守る友人に囲まれている。
その女性が、何カ月も片ひざのリウマチを患っており、家の中を歩き回るため松葉づえをつき、この発作の数日前強い塗布薬で素早く治癒したと聞いた。Abrot.は健康を迅速に回復させた。
Abrot.は、吐きそうな、胃の焼けるような潰瘍性の痛みを起こし、治癒する。

転移がAbrot.の顕著な特徴である。いわゆる1つの病気が、他に変化する時、常にAbrotanumへの注意が必要とされる。耳下腺の炎症(おたふくかぜ)が、睾丸や乳房の炎症に変わる、これは一般的にCarbo v.かPulsatillaで治癒されるが、これらのレメディが失敗した時、Abrot.は治癒する事がある。

突然下痢が止められた後、出血を伴う痔と急性のリウマチが続き、これは上記で述べた通りであるが、さらにこの着想の味方をする論拠である。

Abrot.の患者は冷たい空気、冷たい湿った天候に敏感である。患者は背部痛を患い、その症状は夜間悪化する。

少年の陰のう水腫を治癒する。臍から栄養をとっている乳幼児を治癒する。
下痢も便秘もある;便秘を伴うリウマチ。下痢は、調子が最も良く、下痢が弱まると、苦痛は最大となる。下痢が素晴らしい苦痛軽減となる、というのは、Natrum sulphとZincumに似ている。
あちこちに鋭い痛みがあるが、特に卵巣と関節にある。

********
誤訳がありましたらお知らせ下さい。

shop info店舗情報

Homeopathy-info.Japan

ホメオパシー教材日本語化プロジェクト協力者を募集しています。