×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

ハーネマンカレッジ自宅学習用教材を中心に、クオリティの高いホメオパシー自宅学習教材を現地価格で提供するサイトです。

Dros.Drosera

James Tyler Kent ケントのマテリアメディカ

ドロセラ Drosera Rotundifolia /モウセンゴケ

この薬は主に百日咳に限られて使われて来たが、もっと広い使い道がある。攣縮の特質を調べると、疲労、締め付けるような痙攣、それは多くの疾患を通じて広がり、更に広がるレメディと我々は気が付かねばならない。てんかん型発作、長引く不眠、眠りから覚めた時の多量の発汗、落ち着きがなく不安。ずっと迫害されてきたという想像。急な熱、夜を恐れる。夜に多くの症状が来る。不安、不眠、幽霊を怖がる。発作的な咳。一人でいるのが怖く、仲のいい友人のほとんどを疑う。マインドの混乱と多くの目眩。体のそこここに電撃痛、特に頭に、手で頭を支えねばならない。咳をする時、胸を支えねばならない。下腹部を圧迫せねばならない。圧迫した、うっ血性の頭痛。発疹のような麻疹を伴い体の色々な部分が痛烈に痒い。麻疹にかかっている間や痙攣中に、咳から眼球が突出し充血する。目の中がチクチク痛い。 耳にバンバン、ドンドンという雑音、うなる。子供の耳痛。耳がチクチク痛い。さまざまな孔から出血、発作的な咳につながる咳をする時、特に鼻、喉、喉頭、胸から。顔は普通青白く、顔の脈拍を伴い沈み、体が冷たい、咳をしている時はそうでなく、顔が赤い、うっ血した、Bell.とCupr.のように紫色になる。多くの疾患にチクチクした痛みが見つかる。それが肺、喉頭の身体面の状態や百日咳にも見られる時、口の中が腐ったような味がするのはよくある症状だ。
血の混じった唾液と口から出血。固形物を呑み込みにくい。喉、喉頭の締め付け、食道圧縮のため、呑み込みにくい。
ひきつる収縮はレメディに全体に見られる。何かにしがみつこうとしている手の引きつり。ほうきの柄を握る時。喉に燃えるような、削るような痛みがある。喉にチクチクした痛み。喉が暗い赤色または紫色。Droseraには大きな価値のある医療的症状があると私は信じている。喉頭に削るような痛みがあり、食後に咳が出る。Droseraのプルービングにおいて 飲んだ後に咳が出る。冷たい物を食べたり飲んだりした後に咳が出る。この咳は喉頭のくすぐったさから、或は喉頭の収縮から来る。吐き気と嘔吐。朝に血や胆汁を吐く、粘液を吐く、咳をして食べ物を吐く。むかついたり吐くまで咳が出る。みぞおちに締め付けられたような痛み。下腹部の横側に締め付けられたような痛み。酸味の物を食べた後の疝痛。
このレメディ見られるおそらく最も手に負えない刺激は、喉頭にあり、そこにはギュッと摑まれたような痛み、ひきつり、収縮、燃えるような痛みがある。しゃがれ声、継続する刺激で咳が出る、喉頭の継続する刺激と削られるような痛み。喉頭に粘液の蓄積、喉頭の乾燥、喉頭蓋の痙攣。喉頭のくすぐり感から来る激しく発作的な咳。喉頭の激しいくすぐり感で咳が出る、眠りから覚まされる、百日咳のように2~3時間毎に強さを増して来る。その百日咳には非常に役に立っている。喉頭に羽があるような感覚。喉頭の攣縮。咳をする時の体の攣縮。くすぐったさからや、喉頭内の粘液の蓄積から咳が出る。このような状態は喉頭の癆や百日咳、喉頭炎、喉頭のカタルに見られる。

胸部や咽頭の攣縮的な困難は、呼吸困難や窒息を引き起こす。話すときや咳をする時、胸の中で何かが呼吸を妨害している感覚がある。特に歩行中の呼吸困難。音を発する事ができない。呼吸困難や窒息のような感覚。喉頭の攣縮から顔が紫色になる。胸部の圧縮。このような窒息の発作は咳を伴って来るか、横になった時来る。話しや喉頭の収縮から喘息のような呼吸。深い音、声枯れの咳、粗い削るような咳、うるさい百日咳、攣縮性の百日咳。百日咳に伴い、胸部と喉や喉頭の筋肉の激しい収縮。百日咳が2~3時間毎の発作で来るが、夜横になってからと朝方3時近くに激しく悪化する。苦痛の大部分は喉頭内のくすぐり感で、咳を駆り立てる。喉頭のくすぐり感から発作性の乾燥した咳が出る。
攣縮性の咳、背骨が刺激されて攣縮性の咳が出る。幼い少女の激しい攣縮性の咳が肺病になる。明るい赤色または黒く凝固した血の痰を伴う咳。血を含む痰。このような攣縮性の咳は、麻疹にかかっている間または麻疹にかかった後でよくやって来る。喉頭内の刺激が残る。麻疹のために最も頻繁に示されるレメディの一つ。 Carbo veg.のよう。くしゃみや咳をす時、胸にチクチクした痛みがひどく起きる。楽になるために手で胸を押さえねばならない。咳の時に手で胸を抱えようとする、咳は非常に激しい。胸の圧縮、胸に燃えるような感覚、胸にチクチクする痛み。攣縮性の咳を伴う慢性気管支炎にとても役立つレメディ。肺病におきる攣縮性の咳と肺結核の進行始終に、すばらしい緩和剤。このような胸の疾患では、まるで咳で傷ついたような肩の間の痛み、背中の痛み。手と足が冷たく、四肢が青い。咳を伴う四肢のひきつり。咳が非常に激しくなって、患者は痙攣を起こす。このような攣縮性の咳に沿って、特に身体の状態に熱病の攻撃がある。寒気や冷気や片側の悪寒。百日咳を伴う寒気と熱。喉頭炎を伴う寒気と熱。真夜中以降、咳も熱も悪化。額と四肢に冷や汗。発熱に続き、全身多量の発汗。咳を伴い全身多量の発汗。咳の結果たいへん疲労する。 発熱を伴う百日咳。

********
誤訳がありましたらお知らせ下さい。

shop info店舗情報

Homeopathy-info.Japan

ホメオパシー教材日本語化プロジェクトにご協力いただける方を募っています。よろしくお願いします。