×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

ハーネマンカレッジ自宅学習用教材を中心に、クオリティの高いホメオパシー自宅学習教材を提供するサイトです。

Stict.STICTA

William Boericke ベリケのマテリアメディカ

STICTA(stict)(Lungwort) プルモナリア属の植物

鼻感冒、気管支カタル、インフルエンザのような一連の症状を、神経とリウマのチ性の問題とともに示す。風邪をひきかけている時のような、だるさ、不快感という一般的な感覚がある; 鈍さ、額の重い圧迫感、カタル性結膜炎、などがある。首にリウマチ性の強ばりがある。

●Mind 精神
空中を浮かんでいる感じ。(Datura Arborea. ; Lac. Can.) 考えの混乱; 患者は話さなければならない。

●Head 頭部
額と鼻の付け根に鈍く重い圧迫感を伴う、鈍い頭痛。分泌物が出る前、カタル性の頭痛。 目が焼けるようで、眼球がヒリヒリする。頭皮が小さすぎる感じ。まぶたが焼けるような感じ。

●Nose 鼻
鼻の付け根がいっぱいな感じ。(Nux.) 萎縮性鼻炎。(Calc. Fluor.) 鼻の粘膜の乾燥。いつも鼻をかまないといけないが、分泌はない。 乾いたかさぶた、特に夕方と夜。花粉症(枯れ草熱); 絶え間なくくしゃみをする。(Sabad.) 女性。乏しい母乳。

●Abdomen 腹部
下痢; 大量の便、泡のたつ便; 朝悪化。尿が増加、膀胱にヒリヒリする感覚と鈍く継続的な痛みを伴う。

●Respiratory 呼吸器
ヒリヒリする喉; 後ろ側に粘液がしたたり落ちる。夜通し、乾燥し、短いから咳; 息を吸い込むと悪化。気管炎、痰を促進する。 朝、咳が緩む。胸骨から背骨まで、痛みが胸部を通る。はしかの後の咳(Sang.); 夕方に向かって悪化、疲れると悪化。

●Extremities 手足
右肩の関節、三角筋、二頭筋にリウマチ性の痛み。関節の腫れ、熱、赤さ。炎症がある部分と、関節患部全体に赤さがある。引っ張られるような、ひどい痛み。舞踏病のような痙攣; 足が空中に浮いているような感じ。家政婦膝(膝の皮下の炎症)。(RHUS; KALI HYD.; SLAG.)  膝に電撃痛。 膝と、膝に隣接した筋肉が赤く、腫れ、痛みがある。リウマチ性の痛みがカタル性症状の前に起こる。

●モダリティ:急な気温の変化で悪化。

●レメディ関係性
比較: DATURA ARBOREA-BOUGMANCIA CANDIDA (考えに集中できない;何千もの問題と壮大なアイデアが脳に浮かぶ。アイデアが脳の外側に浮かんでいるとうような、浮かんでいる感覚。頭痛、胸やけ。胃の噴門部のあたりに焼けるような感覚があり、収縮する感覚を伴い食道まで広がる。肝臓のあたりに熱さといっぱいな感覚) CETRARIA-Iceland Moss (慢性的下痢、肺病、血痰。せんじ薬、また去痰薬としてミルクと一緒に茹でられたり、気管支漏、カタルなどの栄養物として使われてきた。)
他の比較:ERYNG.; DROS.; STILLING.; RUMEX; SAMBUC.

********
誤訳がありましたらお知らせ下さい。

shop info店舗情報

Homeopathy-info.Japan

ホメオパシー教材日本語化プロジェクトにご協力いただける方を募っています。よろしくお願いします。