×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

ハーネマンカレッジ自宅学習用教材を中心に、クオリティの高いホメオパシー自宅学習教材を提供するサイトです。

(Arn.)arnica

William Boericke ベリケのマテリアメディカ

ARNICA(arn)/(Leopard's Bane)
(ウサギギク)
(事故などによる)ケガ・損傷(injuries)、何かをし損なって(fails)、殴打(強打)(blows)、打撲傷(contusions)により起こされたものと非常に類似したものを体の器官に起こす。
耳鳴り。腐敗性の現象。敗血症の状態;膿の感染の予防。卒中、赤く、膨れた顔。
あらゆるケガに適合となるが、時間的に古いものは現在の問題を起こしているような時、特に適合となる。外傷性のケガの後、あらゆる臓器の使い過ぎで、臓器を傷めた後。
Arnicaは大脳のうっ血傾向がある。多血質の人において、貧血になり弱々しく衰弱した時、呼吸困難を伴う心臓性浮腫に最良の作用をする。
筋肉の緊張(強直)。
トラウマ性(精神的外傷性)の悲嘆、時間的に昔でも、突然でも、実際に財政的損失が起きたためのトラウマ性悲嘆。手足と体が打たれたようにうずく;くじいたような関節。ベッドが硬すぎるように感じる。
血液への顕著な影響。血管の弛緩、青黒い斑点。出血傾向、低熱の状態。組織が変性する傾向、敗血症状態、熟し切らない膿瘍。
ヒリヒリし、足が不自由な感じ、打撲したような感じ。迷走神経障害(肺と胃の障害)(=pneumo-gastric)に基づく神経痛。筋肉と腱組織、特に背中と肩のリウマチ。タバコを嫌悪、インフルエンザ。血栓症。血腫。

●精神 Mind
触られる事、あるいは誰かが近づく事への恐怖。
意識を失っている(無意識);話しかけられると正確に答えるが、それを繰り返す。無関心;継続的に能動的(意欲的)仕事を行う事が出来ない;気難しい、精神が錯乱している。
神経質;痛みに耐えられない;全身が敏感。「自分には何も問題がない」と言う。ほうっておいて欲しい、一人にしておいて欲しい。広場恐怖症(空いた場所・スペースを恐怖する)。精神的緊張、あるいはショックの後。

●頭部 Head
何か作用を受けた体とともに、頭部の熱さ;混乱;鋭い、つままれたような痛みを伴う脳の敏感さ。頭皮が収縮したように感じる。額に冷たい点。慢性的な目まい;特に歩いている時、物体がぐるぐる回る。

●目 Eyes
外傷性のもの、筋肉の麻痺、網膜出血による複視。精密な仕事の後、目に打ったような、ヒリヒリする感覚。目を開けておかなければならない。目を閉じるとふらふらする感じ。見物したり、動いている映像を見た後、疲れて弱ったような感じ。

●耳 Ears
頭に血がどっと流れる事で耳に音が聞こえる。耳の中、耳のあたりに走るような。耳からの血流。震盪(しんとう)の後、聴力の鈍さ。耳の軟骨組織に打たれたような痛み。

●鼻 Nose
咳の発作のたびに、出血があり、血液は暗い色。鼻がヒリヒリする感じ;冷たい

●口 Mouth
悪臭を放つ息。乾燥し、喉が渇く。苦い味。(Colocy.) 腐った卵からのような味。抜歯の後、ヒリヒリする歯茎。(Sepia)  上顎洞の蓄膿症。

●顔 Face
窪んだ;非常に赤い。唇に熱さ。顔のヘルペス。

●胃 Stomach
酢を求める。ミルクと肉を嫌悪。非常な空腹。吐血。食べている間、胃に痛み。嫌でたまらない気持を伴う満腹。抑圧しているガスが上と下から出る。石があるような圧迫。胃が脊椎に逆らって通り抜けるような感じ。悪臭のある嘔吐。

●腹部 Abdomen
仮肋に差し込み。膨張;悪臭のある腸内ガス(放屁)。腹部に鋭く押す力。

●便 Stool
下痢で、テネスムス(しぶり腹)。悪臭のある、茶色の、血液が混じった、腐敗した、不随意の便。茶色のイーストのように見える便。排便の後、そのたびに横たわらなければならない。体力を消耗する下痢;左を下に横たわると悪化。筋肉痛を伴う赤痢性の便。
尿。過度の身体的疲労から体内にとどめられたまま。暗い、赤レンガ色の沈殿物。痛みのある排尿を伴う膀胱テネスムス。

●女性 Female
出産後の打撲した部分。激しい後陣痛。性交後、機械的損傷による子宮出血。ヒリヒリする乳首。ケガによる乳腺炎。胎児が横方向に横たわっているように感じる。

●呼吸 Respiratory
心臓病変に基づく咳で、発作性、夜、寝ている間、運動で悪化。
急性扁桃炎、軟口蓋と口蓋垂の腫脹。
肺炎;まひ状態に近づく。
声の使い過ぎによるしわがれ声。
朝、皮がすりむけたような、ひりひりする感覚。泣いたり悲嘆した事でもたらされた咳。気管の下方のくすぐり感から、乾燥。血の混じった痰。喀血を伴う呼吸困難。全ての骨と胸部の軟骨の痛み。
顔にヘルペスがある間、激しい痙攣的な咳。百日咳、咳の前泣く子供。胸膜痛(RANUNC; CIMICIF.)

●心臓 Heart
狭心症;特に左のひじに、ひどい痛み。心臓に差し込み。心拍が弱々しく不規則。苦痛のある呼吸困難を伴う心臓性浮腫。手足が内圧で膨張し、打撲したような、ひりしりする感じ。脂肪心と肥大。

●手足 Extremities
痛風。触られる事、近づかれる事への非常な恐怖。背中と手足の痛み、まるで打たれたような、叩かれたような感じ。くじいたような、脱臼したような感じ。過労の後のヒリヒリする痛み。横たわって寝ているもの全てが硬すぎるように感じる。前腕の死んだような冷たさ。骨盤のあたりの打ったような痛みのため、真っすぐ歩く事ができない。下方から始まり、上方へ作用してくるリウマチ。(Ledum)

●皮膚 Skin
黒さと青さ。痒み、灼熱感、小さな吹き出物の発疹。小さなおできの続出。(ICHTHYOL; SILICA.) 皮下溢血(斑状出血)。床ずれ。(BOVININE LOCALLY.) 分布の対称性により特徴づけられた硬化したアクネ(にきびなどの座瘡)

●睡眠 Sleep
過労の時の不眠と落ち着きのなさ。昏睡性の眠気;頭部の熱さで目覚める;死の夢、体を切断された夢、不安で恐ろしい夢。夜のぞっとする恐怖。寝ている間の不随意の排便。

●熱 Fever
熱性の症状は、チフスに非常に関係している。全身に震え。頭部に熱さと赤さがあり、他の体の部分は冷たい。内的な熱さ;手足は冷たい。夜間の酸っぱい臭いのする汗。

●モダリティ Modalities
悪化、少し触らられる事でも悪化;動き;休息;ワイン;湿った冷たさ。
好転、横たわると、あるいは頭を低くして横たわると

●レメディ関係性 Relationship
アンチドート(解毒):CAMPH. VITEX TRIFOLIA. Indian Arnica. (捻挫と痛み、こめかみの頭痛、関節の痛み;腹部の痛み;睾丸の痛み)
補完的レメディ(コンプリメンタリー):ACON.; IPEC.
比較:ACON.; BAPT.; BELLIS; HAMAM; RHUS.; HYPERIC.

●ドース Dose
Third to thirtieth potency. Locally, the tincture, but should never be applied HOT or at all when abrasions or cuts are present.
3~30c
局所的には、ティンクチャー、しかし熱い物を用いるべきではないし、すりむけや切り傷がある時は決して使うべきではない。

********
誤訳がありましたらお知らせ下さい。

shop info店舗情報

Homeopathy-info.Japan

ホメオパシー教材日本語化プロジェクトにご協力いただける方を募っています。よろしくお願いします。