×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

ハーネマンカレッジ自宅学習用教材を中心に、クオリティの高いホメオパシー自宅学習教材を現地価格で提供するサイトです。

Sanguinaria

James Tyler Kent ケントのマテリアメディカ

Sanguinaria 赤根草

赤根は昔の家庭薬である。すばらしい多くの東方の農夫の妻たちは、冬を迎える前に必ず家に赤根を準備する。寒い冬の日々に、鼻風邪が来たり、頭や喉や胸に「風邪」が来たら、農夫の妻たちは赤根を準備し、それでお茶を作るのだ。それは「風邪」のお決まりの薬だ。農夫の妻たちはあらゆる不調と戦うために赤根を与えるし、未加工な赤根でさえ「風邪」を追い散らす事に疑いはない。というのは、Sanguinariaのプルービングによって、Sanguinariaが胸部の問題や胸部に行く「風邪」との関連があるという事が示されたからだ。
定期的に来る頭痛、頭痛が7日に1回来る;頭痛は起きがけの朝に始まるか、または頭痛が患者を起こす。後頭部に始まり、上昇し、右目上と右こめかみに落ち着く。日中に悪化し、光で悪化するので、Sangurinariaの患者は暗い部屋に追い込まれ、横にならねばならない。吐き気が来ると、吐く物は胆汁、粘液、苦い物質と食べ物で、その後痛みが楽になる。頭痛はガスを上か下に出す事で楽になる。熱い掌と足の裏で寝ている患者が苦しんでいる場合、寝床から手足を出さねばならなく、これは付け加えるべき顕著な特徴である。

慢性の頭痛を、かなりの時間、何らかの方法で免れた人は、それ以来寒さに対する敏感さが増し、「風邪」が鼻や喉、気管に落ち着き、赤むけた燃えるような痛みを伴い、その部分が火の上にあるように感じられる;痰はべとつき、粘り強い粘液;腹部の不調、多くのげっぷを伴う、げっぷは激しい咳が出た後で特に見られる。

これはあまり長く作用する薬ではない。定期的に来る吐きそうな頭痛がSanguinariaによって中断した場合、より深く作用する抗ソーラの薬を与えなければ、頭痛は再発するか、更に悪い何かがやって来るだろう。というのはSanguinariaは症例の特質の中に深く入り込まないからだ。 Sanguinariaの頭痛を免れ、上皮腫ができ、Phosphorusで治った患者の症例を覚えている。疾患の末期でPhosphorusが与えられていれば、癌はできなかっただろうと確信している、というのはPhosphorusは患者の体質のレメディだったからだ。もし慢性の吐きそうな頭痛を免れたら、患者は癆(ろう)になる傾向がある。胸部の問題が来て、どんどん悪化する。癆を和らげる事ができるその力は非常によく知られている。

患者は気管のカタルを伴い非常に衰弱する;寒さに敏感、あらゆる天候の変化に敏感、湿った天候への変化に敏感、あらゆるすきま風に敏感、衣服の変化に敏感;常に新しい「風邪」をひく。胸骨後部の胸に燃えるような痛みがある;ベとついた、粘りのある、糸をひく痰;痙攣性の咳、そして咳をする度にげっぷ;ガスの噴出;空噴出。胸内が焼けるような痛み、話すと咽頭内と気管が深刻に痛む、そして咳がげっぷになる事に、掌と足の裏の熱を加えるならば、Sanguinariaは患者を静め問題を和らげる。 そのような症例の多くはSulphurを与えるが、その破壊性に対してである。SulphurやSiliceaやGraphitesよりいい、このようなろうを患った患者に合うレメディの種類がある;Pulsatilla, Sanguinaria, Senecio gracilisそしてCoccus cactiのような深く作用するレメディは、患者の苦しみを一時的に和らげ、静め、健康を増進させさえするため、レメディの中間のポテンシーでとる事ができる。しかし、生命力が低く、体があまりにも崩壊し修復できないならば、深く作用するレメディは避けるべきだ。ハーネマンは活力が不十分な症例におけるPhosphorusの使用に対して警告している。Sanguinariaは表面的なレメディで、すばらしく一時的に緩和させる。

鼻と喉のカタル状態、特に風邪と毒草のためにそうなったもの;またバラ風邪に。Sanguinariaの患者は6月に「バラ風邪」をひく。花と悪臭に敏感;花粉症を伴う問題。鼻の中や喉の中が焼けるような痛みを伴う花粉症の患者;まるで粘膜にひびが入って開くよう。声枯れを伴う咽頭内の乾燥と燃えるような痛み;喘息を伴う胸部全域の乾燥と燃えるような痛み;燃えるような掌と足の裏と関連。調べると、掌は乾燥し、しわがあり、触ると熱い事がわかる;足の裏も同様で、皮膚が厚くなり硬くなっている。魚の目(たこ)が燃えるように痛い;足の指が燃えるようで、患者は楽になるため布団から足を突き出す。

頭痛がある時は、一般的なうっ血性の頭痛のようだ;朝に始まるが、後方を上り右目まで広がり、頭全体が熱く痛い。

Sulphurと SiliceaとSanguinariaは毎週定期的に来る頭痛がある。Arsenicumは2週間毎に来る頭痛がある。Sanguinariaは3日毎にくる頭痛に使うが、これらのレメディは他の種類の頭痛は治癒しない。2週間毎に来る大半の頭痛はArsenicumで治るか、または衰弱した体では非常に軽減する。慢性の頭痛の治癒の試みは、老齢で衰える前にしなければならない。

「苦い嘔吐を伴う頭内の脈拍;動きで悪化」。頭痛は一般に動きにより悪化するが、Bryoniaほど顕著ではない。.
Sanguinariaの頭痛は午後に向かって、または夜にひどくなる、非常にひどくなりベッドに行かねばならない;そして頭が痛くなり、歩ぶみや物理的衝撃がきわめて痛い。ひどい頭痛は光や音や動きなどに妨害されやすい。

「まるで額が破裂するような頭痛で、寒気を伴い、胃が燃えるように痛い」「右目を覆う頭痛」。これは特徴である。
「定期的に来る頭痛;朝始まり、日中ひどくなり、晩まで続く;頭はまるで破裂しそうで、目は飛び出すように思える;脳に拍動性の刺すような痛み、右が悪化、特に額と頭頂に;寒気や吐き気、食べ物や胆汁の嘔吐が続く;横になるか、じっと静かにしておかねばならない。」。症例毎にこの中のいくつかは見つからないが、これらはすべてSanguinariaの頭痛への決定となる。

すべての種類の神経痛;切れるような痛み、裂けるような痛み、引き裂くような痛み;まるで筋肉が引き裂かれるよう、またはひっぱられるよう。裂けるような痛みがそこら中にある、神経痛或はリューマチ。頭蓋の周りの痛み、しかし肩と首のあたりがもっと特に痛い;首が凝る; 床で回せない;腕が上がらない、しかし前後には揺らせる。痛みが首までさっと上がる;三角筋に痛み。右側により関係するが、左側も治す。右肩にリューマチ性の痛みがあり、腕が上がらない、首や首の後ろの筋肉がすべて含まれる;首の凝り。日中に痛みが来たら、夜にかけて痛みが増す。 Sanguinariaの問題(症状)は夜に悪化する。

風邪をひいて患者が来る;その患者は腕が上がらない;体の横に垂れている;痛みは夜ベッドに入って悪化する、寝返りを打つと悪化する(ひっくり返るのに、肩の筋肉を使うためだ)。おそらく痛みは三角筋にあるが、組織まで関係していると推測する必要はない。

これはFerrumと競い合う。赤い顔、非常に紅潮し、腕が上がらない、夜ではなく日中悪化する痛みがある、ゆっくりした動きで改善する人々は皆Ferrumが必要だ。Sanguinariaは動きでよくならない;腕を使うような動きで悪化する。Ferrumはゆっくりした動きで改善し、速い動きで悪化し、日中痛みが来る。Ferrumは赤く多血症の顔をしている一方、 Sanguinariaは青白い顔をしている。 胸部の不調において、消耗熱の患者に見られるような周囲を囲む赤い点が頬骨上にある。

胃の障害や過食、しつこい食べ物、ワインを飲んでからの頭痛。年取った飲んだくれに、ほぼNux同様に役に立つ。
ビールを飲むと胃の不良や消化が弱る人; さじ1杯の水さえ吐く。 食べ物も飲み物も胃に留まらない。このような問題に関連する頭痛。不調を伴う嘔吐と下痢。

カタルの疾患は際立っている。喉の慢性のカタル:喉の粘膜の明らかなべとつき。鼻と咽頭は粘液で充満。咳払いして外に出す;乾燥し燃えるような感覚があるが、新鮮な空気を吸う度にその燃えるような感覚が非常に目立つ。

分泌物の刺激性はもう一つの特色である。刺激性の粘液が鼻の中にでき、喉をひりひりさせる。刺激性で熱い液体が胃からがげっぷとして出て、喉と口の皮がヒリヒリする。下痢は刺激性の水状の便を伴う;特に嬰児に;臀部は皮がむけ赤い。この燃えるような痛みは腸中に広がる;胃腸に燃えるような痛みのある老人の胃の問題; 燃えるような痛みを伴い、さじ1杯の水さえ吐く;老人の胃痛;消化不良;胃の障害全種。

まるで何か熱い物に触ったように、舌は赤く燃える。咽頭と食道に燃えるような痛み、口蓋の燃えるような痛み。
灼熱感を伴う扁桃腺。「喉に熱、冷たい空気の刺激で改善、喉が非常に乾燥しまるでヒビが割れるよう」。
この燃えるようなヒリヒリする感じは粘膜全てにあてはまる。

患者は突然寒気でベッドに潜り込む;肺炎の胸部の症状における燃えるような痛み;さびのような痰;激しい咳;咳のたびに気管の分岐点が震動しているように感じる;まるでナイフがその部分にあるよう;まるでバラバラに引き裂かれたよう;そして咳がたくさん出た後で、大きな音の空げっぷ。他のどのレメディもこのような事はない。

「胃の燃えるような痛みを伴う吐き気、唾をよく吐く事を伴う」。吐き気は嘔吐で楽にならない。吐き続け、ずっとむ
かつく。燃えるような灼熱感。ひどい灼熱感のため、よく間違えてArsenicが与えられる。

「苦い水、酸味のある刺すような体液を吐く;栄養物を吐く;寄生虫を吐く;心配に先導されて;頭痛と胃の灼熱感を伴う;後で頭痛が楽になる;衰弱と共に」。このような症状は頭痛や、胃の不調、胸焼け。胸焼けは酸性のげっぷや酸性の嘔吐を示す。患者はよく「胸焼け」のことを話すが、それは酸性のげっぷの事なのか、酸性の嘔吐の事かを調べねばならない。患者は、酸っぱい食べ物を「吐き出す」と言う。
 
Sanguinariaは頭痛と多くの不調を伴い、 気絶する;空腹のようだが、食べ物を求めているのではない。倒れる、気絶、「使い切った」、空虚な感じ。「空腹の頭痛」を伴うPhosphorusのよう。Psorinumは「空腹の頭痛」においては、他のすべてに勝るが、Psorinumは食べたいのに十分得る事ができない。 Sanguinariaは空腹だが、食べ物に対してではない;食べ物の事を考えたり匂う事を嫌悪。Psorinumは貪欲に食べる事ができ、Phosphorusもそうである。Sanguinariaにおいては頭痛を伴うニセの空腹である。「胃に燃えるような痛み;頭痛と寒気を伴う」。

喘息;枯れ草喘息において、刺激のある体液をげっぷで出す。Sanguinariaは胃の不調と関連する喘息を一時和らげる。Nux は胃の問題からの喘息である事を忘れてはいけない。

肝臓の問題;痛み、充満感。一般的に表現されるような胆汁の問題。肝臓が多量の胆汁を作り出すようだが、胃十二指腸カタルのために、胆汁が下へ降りず胃内に逆流し、苦い黄緑色の液体として吐き出される;腐敗した胆汁。これは特別な事である。慢性のSanguinariaの患者を見ると、1週間ずっと胃が不調なのに気づくだろう; 非常に空虚な胆汁を吐き出す;酸っぱく熱いげっぷ;そして一度に全部無くなり、どっと押し寄せる下痢が突然来る, 胆汁液、噴出する便。 Natrum sulphとSanguinariaとPulsatillaとLycopodiumはこの交互に来る下痢と便秘を癒す。

「子宮口が潰瘍化している;不快臭で腐食性の帯下」。「夕方腸の膨張、ずっと開いている子宮口から膣を通じ、ガスを発生する分泌物;同時に痛みがうなじから頭へ放射線状に通過する」。

「慢性的な喉の乾き、咽頭内が腫れたような感じ、乾燥し、皮がむけたような、燃えるような痛み、うずきを伴う、べ
とついた粘液」。「百日咳;収縮した痙攣が顎の下の喉を横切る;下痢を伴い 夜 咳が悪化」。下痢を伴い、咳が夜
悪化する事は、このレメディが表す特徴である。「百日咳後に患者が風邪をひき 深刻な咳をする時、百日咳の痙攣性の特徴がある」。大人が風邪をひき、百日咳のような痙攣性の咳をする。吐き気を伴うため、胃性の咳だと患者は言う。すべてに燃えるような痛みと下痢がある。

「特に子供における 苦痛を引き起こす乾燥した痙攣性で消耗性の咳; 夜に向かって悪化、横になると悪化、寒い部屋へ寝に入ると悪化;気管に皮が剥けた燃えるような痛み」。気管が非常に痛く思える、そして実際に痛い;食べ物の塊が食道を降りると痛く感じる;食べ物が通っている大体の場所を述べる事ができる。

********
誤訳がありましたらお知らせ下さい。

shop info店舗情報

Homeopathy-info.Japan

ホメオパシー教材日本語化プロジェクトにご協力いただける方を募っています。よろしくお願いします。