×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

ハーネマンカレッジ自宅学習用教材を中心に、クオリティの高いホメオパシー自宅学習教材を現地価格で提供するサイトです。

sulphur

H.C.Allen アレンのマテリアメディカ


SULPHUR(sulph)BRIMSTONE; FLOWERS OF SULPHUR THE ELEMENT/硫黄
静脈がうっ血しやすい腺病質の人に適用となる; 特に門脈系がうっ血しやすい

ナーバスな人で、素早く動き、素早く癇癪を起こし、多血症で、大気の変化に皮膚が過剰に敏感な人(Hep. Kali-c.Psor.)

痩せて、猫背で、前かがみで歩いたり座ったりする人; 老人のように前かがみになって歩く

立ったままの姿勢はSulphurの患者には最悪の姿勢;Suphurは立っていられない; 立っている事は どのような姿勢でもきつい

汚く、不潔な人、皮膚疾患を生じやすい(Psor.)

洗われたくない; いつも入浴後は悪化する。 あまりにも怠惰すぎて奮起できない; あまりにも不幸過ぎて生きていけない

子供:
洗われる事に耐えられない、または入浴に耐えられない(冷たい水に入浴が耐えられないのにはAnt-c.); やつれて、太鼓腹になっている; 夜 落ち着きがなく、熱く、かけてあるものを蹴る(Hep. Sanic); 蠕虫がいて、コレと思ったレメディが効かなかった時

特に急性病において、用心深く選ばれたレメディが有効な効果をもたらす事ができない時、体のシステムがレメディに反応する力を奮い起こす事に頻繁に貢献する; ケースをクリアにする(慢性病においてはPsor.)

腺病質、疥癬病、感情を抑圧したために起きた慢性病

絶え間なく再発する問題(月経、帯下など): 患者がほとんど良くなったかと思われた時 病気が何度も何度も戻って来る

一部分のうっ血;
眼、鼻、腹部、卵巣、肢、あるいは体の組織に腫瘍や悪性増殖物を発病させる。特に更年期においてが見られる。

灼熱感:
頭頂の灼熱感と、目にヒリヒリ、ズキズキする感覚; 顔の灼熱感、しかし赤みを伴わない;口内の小水疱の灼熱感; 灼熱感と喉の乾燥、これはまず右側にあり、次に左へ移る; 胸部の灼熱感があり、やがて顔に至る; 全身の皮膚の灼熱感があり、ホットフラッシュを伴う; 肩甲骨の間の一点の灼熱感(Phos.)

毎週、あるいは2週間毎に来る偏頭痛;疲れ切って衰弱する(Sang.); この偏頭痛には頭頂の熱さと冷たい足を伴う

頭頂の継続的な熱さ;
日中の足が冷たいが、夜 足裏の灼熱感があり、足を冷やすための場所を探す(Sang. Sanic.); 足を冷ますために足をベッドから出す(Med.); 夜 ふくらはぎと足裏が痙攣する

日中弱々しさを伴うホットフラッシュ、気が遠くなる感じを失い、わずかな湿気と共に徐々に消えていく

血液が流れ出てくるかのように唇に鮮やかな明るさ(Tub.)

胃が弱々しく、空っぽのようで、何もかもなくなってしまった感じ、あるいは胃が弱ってしまった感じが午前11時頃ある(午前10時、または午前11時、食べる事で好転するのはNat-c.); ランチまで待てない; 頻繁な弱々しさ、日中気が遠くなる感じがある(Zinc.と比較)

下痢:
真夜中過ぎの下痢; 無痛の下痢; 早朝、ベッドから飛び起きる(Aloe.Psor.); まるで腸が弱すぎて中身を保持できないような感じ

便秘:
便が固く、節があり、乾燥して、まるで燃えたような便(Bry.); 大きな便で、出すのに痛みがあり、子供はこの痛みのために排便するのを恐れる、あるいは最初のひと踏ん張りで子供は排便を思いとどまってしまう; 下痢と交互する便秘

排尿と排便時、その部分を通過する時痛みがある; 大量の無色の尿が出る; 肛門の周りが赤くなり、皮がむけてヒリヒリ痛む; 体の全ての排出口が非常に赤い; 全ての分泌物が刺激性があり、ふれると皮膚がヒリヒリ痛む

月経:
早すぎる月経、多すぎる月経、長引く月経

1番近い流産以来決して良くならない月経過多。「新月の時1ドース」リッペ

腫れもの(おでき):
体の色々なところに一度に固まって発生する腫れもの、あるいは最初の腫れものが治癒するとすぐに別の腫れものが続くタイプの1つの腫れもの

皮膚:
痒み、触ると心地良い; ひっかくと好転する; 「ひっかくと気持ち良い」: ひっかくと灼熱感を起こす;ベッドの温かさから悪化する(Mer.); 折り合わせた部分の皮膚がヒリヒリ痛む

医薬石鹸や洗剤で治療された後の皮膚疾患;軟膏(オイントメント)で治療された痔

脳、肋膜(胸膜)、肺、関節の漿液や炎症性の浸出液の吸収を促進させようとしてBryonia、Kali-mur.、あるいはコレというレメディを選んだにも関わらず失敗した時 Sulph.を使う

慢性的なアルコール中毒症; 酒飲みの浮腫とその他の症状;「改善はされる」が、継続的に再発する(Psor. Tub.)

夜間 息が詰まるような発作があり、ドアや窓を開けたがる; 夜 突然すっかり目覚めてしまう; 午後日没後に眠気に襲われ、一晩中覚醒している

幸せな夢を見て、歌いながら目覚める

全て自分が気に入るような素晴らしいものに見える; ぼろきれでさえ美しく見える

子供には腹部で何か動く感じがある(Croc. Thuja)

Relations レメディ関係性
相補的レメディComplementary: Aloe, Psor.
一般にメタルの乱用からの症状
調和的に使用できるレメディ: Calc, Lyc, Puls., Sars., Sep.
Sulph., Calc, Lyc; あるいは Sulph. Sars. Sep. この順番で前のレメディをフォローする事が頻繁にある
CalcareaはSulphurの前に使われるべきではない
Sulphur はAconiteの慢性で、肺炎と他の急性病でAconiteの作用にうまく続く

Aggravation 悪化
休憩で悪化; 立っている時悪化; 寝床の温かさで悪化;洗う事で悪化、入浴で悪化;定まらず変わりやすい天候で悪化(Rhus-t.)

Amelioration 好転
乾燥した温かい天候で好転; 右側を下にして横になると好転(Stan.の反対)
********
誤訳がありましたらお知らせ下さい。

shop info店舗情報

Homeopathy-info.Japan

ホメオパシー教材日本語化プロジェクトにご協力いただける方を募っています。よろしくお願いします。