×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

ハーネマンカレッジ自宅学習用教材を中心に、クオリティの高いホメオパシー自宅学習教材を現地価格で提供するサイトです。

Arn.ARnica montana

H.C.Allen アレンのマテリアメディカ

ARNICA MONTANA(arn)
LEOPARD'S BANE COMPOSITAE/アルニカ・モンタナ(植物)

●体質
・Nervous women, sanguine plethoric persons, lively expression and very red face.
・Especially adapted to those who remain long impressed by even slight mechanical injuries.
・神経質な女性、多血症で陽気な人、活発な雰囲気で非常に赤い顔をしている
・物理的な力を受けたわずかな外傷であっても、特にその外傷が長く残っている時に適応

●精神症状
・Unconsciousness; when spoken to answers correctly, but unconsciousness and delirium at once return (falls asleep in the midst of a sentence, Bap.).
・Says there is nothing the matter with him.
・無意識;話しかけられると正確に答えるが、(答えると)すぐに意識がなくなりせん妄状態になる(文章の途中で眠りに落ちるのはBap.)
・何も問題ないと言う

●全身症状
・Sore, lame, bruised feeling all through the body, as if beaten; traumatic affections of muscles.
・Nervous, cannot bear pain; whole body over-sensitive (Cham., Cof., Ign.).
・Everything on which he lies seems too hard; complains constantly of it and keeps moving from place to place in search of a soft spot (the parts rested upon feel sore and bruised, Bap., Pyr.; must move continually to obtain relief from the pain, Rhus).
・まるで打ったように全身にひりひりする痛み、体があまりきかない感じ、打撲したような感じがある;筋肉の外傷性疾患
・イライラして痛みに耐えられない;痛みが常にあり、柔らかい場所を探して動き続ける(ヒリヒリとした痛みと打撲したように感じる部分を下にして休む、Bap.Pyrog.;痛みを緩和するために動き続けねばならない、Rhus-t.)

●頭部
・Hydrocephalus; DEATHLY COLDNESS IN FOREARM OF CHILDREN (in diarrhoea, Brom.).
・Meningitis after mechanical or traumatic injuries; from falls, concussion of brain, etc.
・When suspecting exudation of blood, to facilitate absorption.
・水頭症;死んだように冷たい子供の前腕(下痢で,Brom.)
・物理的な力を外から受けた後、あるいは外傷性のケガの後の髄膜炎;落ちたり、脳震盪を起こしたりした事などによる髄膜炎
・血液滲出が疑われる時、血液の吸収を促す

●目
Conjunctival or retinal haemorrhage, with extravasation, from injuries or cough (Led., Nux).
・ケガや咳で起きた結膜、または網膜出血で、血管外遊出が見られる(Led. Nux-v.)

●胃腸系
・Belching; eructations; foul, putrid, like rotten eggs.
・Dysentery; with ischuria, fruitless urging; LONG INTERVAL BETWEEN THE STOOLS.
・Constipation: RECTUM LOADED, faeces will riot come away; ribbon-like stools from enlarged prostate or retroverted uterus.
・げっぷ;おくび;臭い、腐敗した、腐った卵のような臭い
・赤痢;尿閉、かいのない尿意を伴う赤痢;排便までの間隔が長い
・便秘:直腸たくさん詰まった便が、排出されようと(お腹の中で)騒いでいる;リボンのような便が肥大した前立腺や後屈した子宮から
(*注:子宮後屈:背中側に向かって傾いる状態、もしくは曲がっている状態を子宮後屈)

●女性生殖器
・Soreness of parts after labor; prevents post-partum haemorrhage and puerperal complications.
・Retention or incontinence of urine after labor (Op.).
・分娩後に陰部にヒリヒリする痛み;出産後の痔と分娩による合併症を防ぐ
・分娩後の尿閉、または失禁(Op.)

●四肢
・Gout and rheumatism, WITH GREAT FEAR OF BEING TOUCHED OR STRUCK BY PERSONS COMING NEAR HIM.
・Cannot walk erect on account of a bruised sort of feeling in pelvic region.
・痛風とリウマチ、近くに来た人から触られたり叩かれたりすることを強く恐れる
・骨盤付近に打撲したような感覚があり、直立で歩けない

●神経系
・Mechanical injuries, especially with stupor from concussion; involuntary faeces and urine.
・Apoplexy: loss of consciousness, involuntary evacuation from bowels and bladder; in acute attack, controls haemorrhage and aids absorption; should be repeated and allowed to act for days or weeks unless symptoms call for another remedy.
・Paralysis (left sided); pulse full, strong; stertor, sighing, muttering.
・物理的な力を受けた事によるケガ、特に震盪による昏睡を伴う;知らず知らずのうちに便と尿が出る
・卒中:意識がなく、腸と膀胱から知らず知らず排泄;急性発作において、出血を抑制し(血液)吸収を促進する;症状が他のレメディ(薬)を必要とするまで、Arn.が反復され、数日間作用させるべき
・まひ(左側);脈拍がしっかり指にふれ強い;いびき呼吸、ため息、ぶつぶつしたつぶやき

●発熱
・HEAT OF UPPER PART OF BODY; coldness of lower.
・The face or head and face alone is hot, the body cool.
・上半身の熱が;下半身の冷たさ
・体が冷たく、顔 または頭が熱い、頭だけが熱い

●ケガ
・For the bad effects resulting from mechanical injuries; even if received years ago.
・After injuries with blunt instruments (Symph.).
・Compound fractures and their profuse suppuration (Calend.).
・Concussions and contusions, results of shock or injury; without laceration of soft parts; prevents suppuration and septic conditions and promotes absorption.
・物理的な力を受けた事から引き起こされた外傷による悪影響に;何年も前のものであっても
・鈍器でのケガの後(Symph.)
・開放骨折とその部分のひどい化膿(Calen.)
・脳震盪と打撲傷、ショックや損傷の結果;軟組織の裂傷を伴わない;化膿と敗血症を予防し、吸収作用を促進する
●皮膚
・Tendency to small, painful boils, one after another, extremely sore (small boils in crops, Sulph.).
・小さい有痛性のおできが次々にできやすく、ひどいヒリヒリした痛みがある(小さなおできが塊りでできる時、Sulph.)

●モダリティ
・Aggravation
At rest; when lying down; from wine.
・Amelioration
From contact; motion (Rhus, Ruta).
・悪化
休息している時;横になっている時;ワインを飲むと
・好転
接触から;動作で(Rhus-t.Ruta)

●レメディ関係性
Relation
・Complementary: to, Acon., Hyper., Rhus.
・Similar: to, FOR SORENESS AS IF BRUISED, Bap., China. Phyt., Pyr., Rhus, Ruta, Staph.
・Arnica follows well: after, Aeon., Apis, Ham., Ipec, Ver.; is followed by Sul. ac.
・In ailments from spirituous liquors or from charcoal vapors, Arn. is often indicated (Am. c, Bov.).
・In spinal concussion, compare Hyper.
・コンプリメンタリーレメディ:Acon. Hyper. Rhus-t.
・類似:打った様なヒリヒリする痛み、Bap.China.Phyt. Pyro. Rhus-t. Ruta. Staph.
・Aeon.Apisの後によく作用する、Sul-ac.はArn.の後にうまく続く
・蒸留裂けや木炭の蒸気からの症状において、Arn.はしばしば示唆される(Am-c.Bov.)
・脊髄振盪においてHyper.と比較


********
誤訳がありましたらお知らせ下さい。